ロゴ
HOME>オススメ情報>インプラント治療のイロハ【まずは基礎知識からおさらい】

インプラント治療のイロハ【まずは基礎知識からおさらい】

院内

インプラント治療の基本知識

入れ歯とインプラントは大きく違うもので、入れ歯のように歯茎の上に装着するのではなく、インプラントは器具を骨に埋め込む事で固定します。技術力の高い大阪の歯科で手術を受ければ、簡単に器具が外れてしまう心配は無くて、元々から生えていた自分の歯のように扱えるのが利点です。入れ歯の隙間に食べ物のカスが入り込んでしまい、痛みを感じるような心配もありませんし、健康な歯と同じように歯磨きも行えます。アレルギー反応を起こしにくい器具も開発されているので、安全に器具を骨に埋め込む事ができます。骨の量が少ない人でも、骨を造成する手術を受けておけば、インプラントの手術を始めても問題ありません。インプラントに装着する人工の歯は見た目も綺麗なものばかりで、元々から生えていた歯と同じ色合いに揃える事もできます。

治療器具

インプラント治療から完全回復までにかかる期間

通常のインプラントの手術であれば、治療にかかる期間は2ヶ月から3ヶ月ほどです。歯茎がしっかりと固まっていて、骨の量も十分にあるようであれば、2ヶ月ほどの治療期間で器具も固定できます。もし骨の量が足りていないようであれば、器具を上手く固定する事ができないので、まずは人工骨や血小板などを入れる手術を行ってください。骨の状態が安定するまでに、3ヶ月から6ヶ月ほどの期間が必要になる事もあり、その期間も含めるとインプラント治療に1年ほどかかる事もあります。器具と骨の結合が完了するまで12週間ほどの期間が必要で、その治療期間が終わるまでは、口内を清潔に保っておかなければいけません。大阪の歯科では手術を終えた後のケアも徹底しており、口内の違和感が気になる時には、すぐに相談ができます。